リフォームして畳を取り入れよう~自分好みの和室へ大変身~

住宅

日本人が好む部屋

作業担当者

東京などでリフォームを行う際には、和室へとリフォームするのが人気です。東京などのリフォームにおいて人気の和室の特徴の一つには中と外を完全に遮断せず、柔らかなかたちで区切るということがあります。外の空気や音などを室内に取り入れることで、さらに和室ならではの室内の静寂さを高めます。そのことからもわかるように和室は自然との共有をうまく行えるような工夫が多くされていることがわかります。それに関係しているのが障子やふすま、畳などの建具です。これらはいずれも日本の高温多湿で、さらに四季がはっきりとした風土から考えられ作られたものです。外と中という遮りがなく、開放されることを重点に置いた和室での暮らしは、温度や湿度の急激な変化から人々を守る部屋なのです。東京などで人気の和室リフォームに多く使用される、建具のうちの一つである障子により、取り入れられた外からの光は、ふすまや畳によりわずかに屈折します。そのことで、和室独特の味わいを演出します。基本的に和室は椅子ではなく、そのまま畳の上に座るので、座った状態で外光を楽しむことが出来るよう、建具の装飾なども大きく関係しています。和室が成り立っているのはそれぞれの建具がそれぞれに影響を及ぼしているからです。そのため東京などの業者に依頼して、和室へとリフォームしてもらうった後は、必要最低限の家具だけを置くようにし、雰囲気を壊さないようにすると、さらにいい和室になります。

Copyright© 2016 リフォームして畳を取り入れよう~自分好みの和室へ大変身~All Rights Reserved.